オールバイナリーオプション
オールバイナリーオプション
ホーム > 注目 > 融資の契約内容によっては

融資の契約内容によっては

便利な点も多いキャッシング。

 

しかし、借りたお金の返済が滞ってしまうと裁判所から差し押さえ命令が下りてしまうこともあります。

 

この場合、預金口座や給料が主な差し押さえ対象になりますが、給料なら最大で4分の1、つまり20万円の給料なら5万円までが差し押さえ対象になります。

 

年金をもらっている人の場合はさらに問題で、年金の受取り口座を差し押さえられてしまったら、年金の全額を差し押さえで持って行かれるということにもなるのです。

 

こうした事態を避けるためにも、無理なキャッシングを行わないように気を付けましょう。

 

巷でよく聞くキャッシングで不払いをしたら差し押さえられるというのは現実にあることなのでしょうか。

 

私も実際にキャッシングを利用したことがあり、滞納を何度か繰り返したことがありますが、差し押さえになることはただの一度もありませんでした。

 

滞納を何度もしてしまったら差し押さえになるのかもしれません。

 

お金を早く返すと得をする制度を利用した場合、ATMでクレジットカードを使う方法で借りたお金のお金を借りている時間を短くしたり、返さなくてはならないお金の金額を大幅に減らすことが可能です。

 

でも、融資の契約内容によっては繰り上げてお金を返すことが不可能な場合やある一定以上の金額でなければ繰り上げ返済が不可能となる場合があるので確認してみてください。

ブリアン歯磨き粉